読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もぐら小屋の日記

はじめまして、「もぐら小屋」店主の土童子です。お店の最新情報や店主の思いつきや勢いだけの悪ふざけや店と関係無いことも載せていきますのでよろしくお願いします。

もぐら小屋の隣人たち


こんばんはヽ(・∀・)ノ

もぐら小屋店主土童子です。

 

もぐら小屋は色んな人達が活動している古い借家の一角を占拠して営業しております。


f:id:moguragoya:20170417221206j:image

 まず一番の古株、disc_shop_mimicです。

 
f:id:moguragoya:20170417221527j:image

マニアック過ぎるラインナップは来る者の度胆を抜き、時には感動を、時には衝撃を、時には笑いを、時にはキョトンとさせてくれます。オーナーのLAMAZEこと望月洋輔さんはmankind-recordsというインディーズレーベルもやっております。自身のレーベルから「LAMAZE」名義でソロ音源、「zhis」名義でユニット音源を出しております。その手の音楽が好きな人にはたまらない作品ばかりなので是非よろしくお願いします。


f:id:moguragoya:20170417222001j:image

 

続いては野田さおりちゃんのアトリエ「Atelier von Holzwerk」です。
f:id:moguragoya:20170417222054j:image

オーダーメイドで木工家具を作っております。作業場はさすがガチ勢といった感じですね。可愛い椅子に木材と段ボールが堂々と鎮座しております。
f:id:moguragoya:20170417222407j:image

私の気に入っているのがこの下の画像の椅子。地層をイメージして作ったそうです。本物を見る前に個展で写真を拝見したんですが、めっちゃカッコいいと騒いだら本物を持ってきてくれました。カッコいい。

椅子としてじゃなくてもサイドにテーブル的にこれ置いてあったらカッコいい。そんな生活憧れますね。
f:id:moguragoya:20170417222951j:image


そして2階は「BLACK DOTS」というイベントスペース。
f:id:moguragoya:20170417224154j:image
元々借家だけあって、山梨でもっともアットホームな雰囲気とおっしゃるミュージシャンもいました。

こちらは今までdisc_shop_mimicのLAMAZEさんが運営していたんですが、5月から名取くんという主に山梨で活動しているシンガーソングライター(でいいのかな?)の方に引き継ぐことになりました。バンドもバルボラ、just、DADAと精力的に幅広く活躍してます。

そんな彼の方がこの場所をちゃんと活用してくれそうな気がするということでそんな感じになりました。

 

もぐら小屋はわりとしっかりした活動をしている人達の中でぬるっと営業しております。来店時に店主が外でセメント捏ねたりしてるかもしれませんが、店内には入れますのでゆっくり中をご覧下さい。10分ぐらいで手を洗って戻ってきます。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました(*´∀`)

それではまた☆

 

 

「もぐら小屋」オープンしましたヽ(・∀・)ノ

 みなさんこんばんはヽ(・∀・)ノ

 もぐら小屋が無事にオープンでき浮かれ気味の店主、土童子です。

 たくさんの人に助けられてここまで辿り着けました。本当に有難い限りです。小さい頃のことを思うと、今は本当に周りの人に恵まれているなあと染々感じます。この繋がりが切れないよう、大事にしていきたいと思います。

 

 それではお店に入店までのサクセスストーリーをご案内したいと思います。

まずは旧52号線を走ってきたところです。
f:id:moguragoya:20170402215242j:image

オープン当日曇りでしたので大変重々しい写真となっておりますが、気にしないで下さい。

左に見える家の壁の手前に入る道がありますので、そこを入ってください。
f:id:moguragoya:20170402215504j:image

 逆から走ってくるとこんな感じです。左のミラーの真正面の道を右折してください。

 

 曲がるとこのような感じです。
f:id:moguragoya:20170402215655j:image

 この白い車の向こう側の柱に「Mimic」と書いてありますので、この駐車場に車を停めて下さい。

 隣のお墓の駐車場が広いので停めたくなると思いますが、住職さんのご迷惑になってしまいますのでご遠慮ください。

 

 建物の外観です。
f:id:moguragoya:20170402220127j:image

 廃墟ではありません。

 中に私の雑貨屋とCD-shopとオーダーメイド木工家具の工房とイベントスペースが入った小さな商店街です。
f:id:moguragoya:20170402220334j:image

 この完全に家のドアっぽいドアを開けると……
f:id:moguragoya:20170402220418j:image

 到着~ヽ(・∀・)ノ

正面に見えるのが「もぐら小屋」です。

 

店内はこのようになっております。
f:id:moguragoya:20170402220654j:image

左手の焦げ茶色のところが石と羊毛フェルトのアクセサリー作家、望月正人さんのブランド「Yaak Mochi.」コーナー、黄色いところがTwitterでお知り合いになった羊毛フェルト作家カンタービレさんのブランド「ひつじのおくりもの」コーナーとなっております。

 右手が私の作ったセメントコーナーです。

 

 まだまだ商品数が驚きの少なさですが、あと3名の作家さんの商品を預けていただける予定です。あと私もセメント工作したりしますので、入荷次第お知らせしていきたいと思います。

 

 ここまで読んでいただきありがとうございます(*´∀`)

それではごきげんよう~🙋

 

伊豆シャボテン動物公園に行って来ました!

 こんばんはヽ(・∀・)ノ

 もぐら小屋に潜む土童子です!

f:id:moguragoya:20170319205639j:image

 今回は、伊豆にあるというサボテンの聖地(?)「伊豆シャボテン動物公園」に突撃してきたのでその事について書きたいと思います。

 Twitter同様に店のことから脱線していく為の助走のような記事ですね。いや、ギリセーフでは……まぁいいか(´・ω・`)

 

 伊豆といえば皆さんまずB級スポットが頭に浮かぶと思うんですが、伊豆シャボテン動物公園はサボテンだけではなく鳥やサル、ミーアキャット等色んな動物達もいるんです。そのことから昔は「伊豆シャボテン公園」だったのを「伊豆シャボテン動物公園」に改名したそうです。敷地も広くB級と呼ぶには気が引けます。(無理に呼ぶこともないか……)

 

 まず園内に入るとアルパカの姿が目に飛び込んできます。


f:id:moguragoya:20170319210240j:image

あれ?サボテン……

と思いながら広場脇のプランターに目をやると、


f:id:moguragoya:20170319210343j:image

 物凄く守られている!!

 花ってそうまでして飾らなければいけないものなのだろうか……?

 と日差しを反射して光るカバーの隙間からわずかに顔を覗かせているノースポールを見ながら考えさせられました。

 

 とりあえず最初に目についた鳥の施設に入ってみることに。この施設ではハシビロコウのビル君がメインバードなようで、動物園のゾウぐらいプッシュされています。


f:id:moguragoya:20170319211458j:image

 でもプッシュの仕方が独特ですね。皆からのビルへの愛を色んな人に広めたいのでしょう(*´ω`*)

おや?


f:id:moguragoya:20170319211843j:image

!!???

お賽銭を要求してきたぞ!?

なに?そのお金どうするの?ご飯?ビルのご飯なの?

そんな戸惑いを胸に園内に入ってみました。
f:id:moguragoya:20170319210817j:image

 このようにわりと大きめの鳥が放されている中を散策する、言わば鳥のサファリパークです。それにしても孔雀はやはりキレイですね(*´∀`)

こんな間近で孔雀を見たのは初めてです♪
f:id:moguragoya:20170319210940j:image

 上の写真は本の一部で、鳥が逃げないように上にはネットが張られているんですが中々広さもあります。


f:id:moguragoya:20170319211227j:image

 フラミンゴや孔雀がこんな距離で見られるのはうれしいですね。

 そろそろ出口だな~と思ったその時……

ハシビロコウがいない」

 ビル!!

 ビルがいない!!!?

 そういえば途中、少し離れたところに「ビルズルーム」と書かれた小屋がありました。

「彼はきっとそこで暖をとっているだね」

と話ながら、鳥のサファリパークを後にしました。

 

ら、出たところにモニターが!!入るときは気がつきませんでした。どうやらビルズルームの中を映してくれているようです。鳥に負担無いよう、でもお客さんにも少しは満足してもらおうという施設側の配慮ですね。

f:id:moguragoya:20170319213117j:image

 ホラー感すごいよΣ(゜Д゜)

 

 

 色んな感情を抱きつつ、次は小動物と触れ合えるコーナーへ行ってみました。

 けっこう混んでるコーナーだったので写真は控えさせてもらいました💦ハリネズミやモルモットと毛のないモルモット(スキニーギニアピッグ)をなでなで出来るんですが、他にもマーモセット系の小さい猿やリクガメやモモンガやヤドカリやアメリカザリガニや外国のゴキブリまでいました。私もせっかくなのでモルモットをなでなでさせてもらいました。

 でも毛のないモルモットが広めの柵の中にいるので手が届きません(´;ω;`)

 だがしかし!?

 柵のはしっこで手をちょいちょいしてたら寄ってきてくれて、おでこをナデナデできました(*´∀`)

 剛毛でした。

 

 さあ、ここまでけっこう楽しんでるしボリュームもあったんですが……

 サボテン1つも見てません!!!ギャギャーン

 いよいよサボテンを拝める場所へ……


f:id:moguragoya:20170319214544j:image

!?

 どうやらあそこにサボテンの楽園へと通じる入り口があるようです……

 普通の入り口じゃ駄目だったんでしょうか?

 それが伊豆の魂なんでしょうか?


f:id:moguragoya:20170319214809j:image

 これは以前Twitterで拝見したことのある卑猥なサボテン!?

……サボテンのコーナーで一番最初にこれを撮った自分にビンタしたいです。


f:id:moguragoya:20170319215019j:image

で……でかい!?

サボテンてこんなデローンって育つんだΣ(゜Д゜)

知らなんだ……

下の方の丸い子たちが可愛い……(*´ω`*)


f:id:moguragoya:20170319215157j:image

サボテンのコーナーが原産地ごとに別れているんですが、ここのサボテンは凄かった!

一番大きいので160年物らしいです。丸いとまた迫力がありますな!!

 
f:id:moguragoya:20170319215434j:image

多肉植物も少しありましたヽ(・∀・)ノ

中には生い茂っているものも!


f:id:moguragoya:20170319215638j:image

 

最後の部屋は多肉狩りコーナーです♪


f:id:moguragoya:20170319215729j:image

このように植わってる子達を箸で抜いて持っていくんですね。
f:id:moguragoya:20170319215854j:image

でも観光地ってこともあったりスタッフの方がその場で植えてくれたりするので、お値段は少しお高めでした(;・ω・)

ってか鉢が高……普段私が買ってるのが安いのか(・_・)?

 

 そして蛍の光を聴きながら駐車場を目指して歩いていくと……
f:id:moguragoya:20170319220221j:image

まだあるのか!!

スゲーなここ1日居れるなΣ(゜Д゜)

ってか遺跡はレプリカってことで良いのかな?

……そして広がるこの景色。


f:id:moguragoya:20170319220422j:image

そうそうそれでこそ伊豆!!

ありがとう伊豆!!!

とか思ってたらこの可愛こちゃん♪


f:id:moguragoya:20170319220734j:image
f:id:moguragoya:20170319220745j:image

ミーアキャットとカピバラですね~(*´ω`*)


f:id:moguragoya:20170319220839j:image

ほぼ放し飼いの孔雀www

入ったときは気がつかなかったんですが、園内の至るところに孔雀がいるんです!!

しかも飛んでます!!!

 最初に紹介した花ガードは、孔雀に食べられないようにしてたんですね(*´∀`)

 

 いやー楽しい場所でした。朝から晩まで居たかったです。植物なんで成長したり新しいの植えたりで、今度行った時にはまた違った顔を見せてくれるかもしれません。

 毎年行きたいですね!

 それでは長々とお付き合いありがとうございましたヽ(・∀・)ノ

ではでは🙋

 

 

陳列棚その1を作りました♪

こんばんは(ゝω・´★)
もぐら小屋店主の土童子ですよ。

先週から作り始めた陳列棚ですが、やっと完成しました~ヽ(・∀・)ノワーイ
今回はその製作工程をまとめてみたいと思います。

①まず材料切ります

②組み立てます

③塗ります

④ミスってはみ出します

⑤塗り直します

の5工程です!

まずは木を切るところですが、 切りはじめは電ノコでババーンと勢いよく切りました。外で。でもこれは五月蝿すぎるのでは……お向かいのおじさんにチェーンソーで怒られるのでは……敵に見つかるのでは……(段々思考がPSYCHOBREAK寄りになっているので)胸に不安がよぎったため、ほとんどの材料を普通のノコギリでギコギコ切りました。180×90センチぐらいのコンパネを切り分けたので、変な姿勢で切るはめになり思った以上に疲れたし木屑を浴びました。

f:id:moguragoya:20170312204137j:plain

次は組み立てます。
いきなり木ネジで止めると板が割れるかもしれないので、細いドリルで下穴を開けてからネジを打ちました。一手間かけることで完成品の出来映えをワンランクあげることが出来ますので、そういうのは物作りでは大切なことですよね。

でも面倒くさくなったので途中から木ネジをいきなり打ち込んでやりました。
すると、普通に止めることが出来ました。
割れるのか割れないのか最初に確認しておくことも物作りでは……(割愛)

とにかく組み立てました。
そして塗りました。

f:id:moguragoya:20170312204902j:plain

塗ったは良いんですが、裏板を始めに塗ってから棚部分に打ち付ければ塗るのが楽なのでは?と思い最初に裏板を白く塗っておいたんです。そして組み立てて……
から棚塗ったら一緒じゃん!!!?

f:id:moguragoya:20170312205215j:plain

案の定このはみ出しっぷり。
中途半端な計画ならたてない方が後々悔しくならないですね。そして作る前にこの計画を主人に話していた自分が恥ずかしい……!!

「裏板先に塗っとけば後で楽だから(*´∀`)エッヘン」

バカな!!!
アホか自分!!!?

まぁ過ぎたことは戻らないのです。
あきらめて養生テープを貼って塗り直しです。

f:id:moguragoya:20170312205753j:plain

そんなこんなで来週養生テープを剥がせば晴れて完成ヽ(・∀・)ノワーイ!!

商品を陳列出来る日が待ち遠しいです。

ここまで 読んで頂きありがとうございました。
それではまた(о´∀`о)ノ

カウンターを作成しました。

みなさんこんにちはヽ(・∀・)ノ
花粉の猛威にやっつけられ続けているもぐら小屋店主です。

もぐら小屋は4月1日のオープンに向けて着々と準備を進めていますよ!!
先日はお店のカウンターを作りましたヽ(・∀・)ノ

f:id:moguragoya:20170309163039j:plain

真っ赤に塗りまくってみました!同じ建物を使っているdiskshopーmimicの店長と木工で家具を作っている沙織ちゃんにペンキ塗りを手伝ってもらいました(*´∀`)ついでにセメント鉢も♪

ちなみにカウンターの裏はこんな感じです。

f:id:moguragoya:20170309163752j:plain

なんとカラーボックスに板を貼ってるだけでした~(о´∀`о)ノ
お手軽簡単ですね👍
板がたわんだら使いにくいので、角材を打ち付けて補強ぐらいはしてますよ!

読んでくださりありがとうございます!
それではまた(ゝω・´★)

はじめまして!「もぐら小屋」です!!

はじめまして、「もぐら小屋」店主の土童子です。
とは言ったものの、まだオープンしてませんけどね!!
店を始めるからにはブログのひとつもあった方が良いのではと思い、今色々試してる最中なわけです。
以前はホームページがあった方が……とも思ったんですが、特にコンテンツが思い付きませんでした。
なのでブログがあれば最新の動きもお知らせ出来るし、Twitterもあるし、webショップで商品は載せとけるし、ね?ホームページ使ってやることがないでしょ?
ということでHatena Blogさんデビューしたわけです。

f:id:moguragoya:20170221085215j:plain

ちなみに「もぐら小屋」は、脈絡の無い雑貨や多肉植物の寄せ植え等を販売する、おおむねそんな感じのお店です。
でも最初は商品数も少なく、ほぼセメントで作った鉢を売るだけのセメント屋のような店だと思います。
最新情報をチェックしていただき、「あ、そろそろ店っぽい品揃えになったな。」とあなた様が思ったタイミングで遊びに来ていただけると幸いです。

f:id:moguragoya:20170221085938j:plain

今こんな感じで増やしている最中なのでいつになることやら……
基本的には自分が楽しむ為の店なので、ユル~く常温で見守って頂けると有り難いです。

それでは今日のところはこのへんで!